健康経営/ウェルビーイング戦略の導入ガイド

お問い合わせ

HOME | 導入ガイド

健康経営の導入を検討中の
経営トップの皆様へ 

中小企業での導入では、「健康だけど不調」な社員のパフォーマンス向上策が特徴です。基本構想から実践まで重要項目を整理します。
導入の手引書

健康経営/ウェルビーイング戦略は
基本構想から

快調なコンディションの社員は、自分の実力をフルに発揮する「勢いとパワー」があります。中小企業では、社員のコンディション増強への戦略投資を、健康経営の主目的とすべきです。すなわち、ウェルビーイング戦略です。

なぜなら、わが社で普通に働く平均的な従業員の生産性や創造力をさらに伸ばすことで、仕事のパフォーマンスにつながることが期待できるからです。病気の社員を健康にすることも大切ですが、それが主目的ではありません。

「健康だけれども、少し不調がある」 。

コンディション不調が原因でパフォーマンス低下している社員が多数派です。彼らの不調を解消し、しごとへの活力や熱意を高めることで、業績拡大へのインパクトを狙いたいものです。

この業績拡大を中心とした発想から、パフォーマンス向上に取り組む中小企業が増えています。社員への福利厚生策とは一線を描くものです。

本コーナーでは、健康経営/ウェルビーイング戦略の着眼点に触れた経営トップの皆さんに、社内への導入可否・基本構想の立案・実践への進め方を解説します。

健康経営/ウェルビーイング戦略の導入ステップ

6つのステップで段階的にアプローチします。

 
健康経営の導入ステップ
 
関心を持つきっかけは、仲間・ネット記事・商工会議所・協会けんぽ等から「健康経営」というキーワードを聞いたのが最初・・というのが多いです。

新しい考え方の改革アプローチなので、まずは基本概念の理解ーー特に、中小企業にとっての意味合いーーからスタートすることが必要です。
 

健康経営に関する情報は、大企業での事例が中心であったり、「病気を防ぐ(=医療コスト削減)」のニュアンスが強かったりしがちです。中小企業の経営に直結する整理や考察に及んでいないものも、少なくありません。

 以下のセクションは、健康経営/ウェルビーイング戦略の6つの導入ステップに沿って、中小企業の経営的視点から捉えた「構想づくりや施策展開のポイント」を整理するものです。

(スクロールで、続きをご覧いただけます。また、各項目をクリックすれば、該当箇所へスキップします)

<目次>

ステップ1: 「考え方」を知る

健康だが、少し不調で、自分の実力をフルに発揮できていない・・。このようなコンディション状態の働く人が思いの外に多いです。これに対策して、仕事パフォーマンスの改善を目指すのが、中小企業での健康経営/ウェルビーイング 戦略です。

資料配布コーナー

『基本的考え方の検討用資料』

中小企業での健康経営/ウェルビーイング戦略についての検討用の資料を、無料配布しています。お気軽にご請求ください。
コンセプト理解・社内議論の叩き台・社内勉強会の素材・・に、どうぞ

 
健康経営という言葉は、201415年ごろから経済産業省を中心とした政策論議で使われ始めました。閣議決定された「骨太方針」や「日本再興戦略」に文言が盛り込まれたのがこの頃です。
 
その狙いは、(1)国民の健康寿命の延伸、(2)ヘルスケア関連の新産業の創出、(3)あるべき医療費・介護費の実現というものです。 

厚生労働省の動きとも結びつき、大きな流れとなってきています。
 
これらは、国としての中長期的なスパンから、超高齢化社会における産業政策や社会保障政策として取り組まれるものです。「高齢者になった時も元気でいられるように、日頃から健康増進に励もう」「それによって、医療費の増加を抑えよう」という意識を国民に浸透したいのです。

しかしながら・・中小企業の経営トップとしては、「わが社で働く人の今のパフォーマンスを高めたい」という気持ちが大きいです。

実は、そのようなニーズにも応えるヒントも、健康経営/ウェルビーイング戦略の基本コセプトには沢山ふくまれています。

腰痛・肩こり・眠気といったコンディション不調が引き起こしているパフォーマンス低下は7割近くの働く人に発生しています。運動習慣・栄養バランス・睡眠の質といったライフスタイル(生活習慣)に大きな原因があると言われています。

この着眼点での改善を通じて、仕事のパフォーマンス向上につなげる大きな機会があるのです。

中小企業の経営トップとしては、これを見逃す手はないはずです。
 

下のリンク先で、健康経営/ウェルビーイング戦略についてのトピックを整理しました。

ステップ2: 「現場」を観る

一般論はともかく、わが社の実態はどうなっているのか・・。健康経営という観点から自社を点検した経験は少ないはず。経営トップとしては、大雑把にでも現状についてのデータ確認から着手したいものです。

資料請求コーナー
『現状調査プロジェクト』

中小企業での健康経営/ウェルビーイング戦略の観点からの「現状調査」の進め方や留意点のまとめた資料です。無料配布しますので、お気軽にご請求ください。
調査工程の設計、アンケートの質問項目の参考・・等に、どうぞ

仕事のパフォーマンス/仕事への活力/調子や体調といった観点からの社内の状況を明らかにします。
 
従業員による「主観的評価」が中心となります。「(無記名式の)社内アンケート」が典型です。仕事実態や活動量や生体情報などの客観データが欲しいところですが、現状ではそのインフラが整備されている会社は殆どありません。
 
主観的評価による調査であっても「社内の様子」は、十分に炙り出されます。経営トップとして、日常的に感じていることや気づいてなかったことなどから、発見(インサイト)が引き出すことも可能です。
 
仕事パフォーマンスの改善に向けて、課題として取り上げるべき領域があるか否か?これが最大の関心事です。従業員各人の健康状態だけにクローズアップされることは稀です。

むしろ、従業員が100%(あるいは、それ以上の)実力を発揮できるように、組織として取り組めているか・・・。このような会社の価値観/組織カルチャー(文化)/体制のあり方への問題意識が高まることが多いです。

下のリンク先で、健康経営/ウェルビーイング戦略についてのトピックを整理しました。

ステップ3: 「ビジョン」を描く

従業員がフルに実力を発揮できる職場環境を整えたい・・。自社の「ありたい姿」の明確化に、トップのリーダーシップが求められています。このビジョンへの「共感」が高いほど、従業員のエンゲージメントは高まり、多くのビジネス成果を生み出します。

資料請求コーナー
『ビジョン策定プロジェクト』

中小企業での健康経営/ウェルビーイング戦略の観点からの「ビジョン策定」の進め方や留意点をまとめた資料です。無料配布しますので、お気軽にご請求ください。
将来像の検討のたたき台、経営幹部の意識合わせ・・等に、どうぞ

健康経営のビジョン策定健康経営のビジョン策定
ウェルビーイング戦略のビジョン策定ウェルビーイング戦略のビジョン策定

 ビジョンづくりでは、会社の上層部が中心となって、現場層も巻き込んで、将来の理想イメージを言語化するものです。複雑な分析や仕掛けが求められるものではありません。

従業員ひとりひとりが「ベストコンディション」を実現したい。そのためには、職場だけでなく、ライフスタイルでの行動様式も含めた取り組みも視野に入れたい。

新しい行動様式の定着に向けては、各人の自助努力だけではなくて、会社としても投資していきたい。

これらの活動を通じて、人生が充実し、仕事への活力が向上し、会社とのエンゲージメントが高まる。その結果として、ビジネスとしての成果も向上する。
 
・・・このような将来の理想像を、「わが社ならでは」の言葉とニュアンスで紡いだストーリーとして作り上げていく活動です。

もちろん、会社の組織戦略として描くものなので、想定される投資や期待する経済効果なども、明確にしていく必要があります。実現のためのロードマップ(工程表)も不可欠です。

しかし、何よりも増して大切なのは、「どこを目指していくのか?」という方向性のイメージです。どうなりなりたいのか・・・というWhatです。

中小企業のトップであれば、このWhatがしっかりとしていれば、どう実現するかのHowはどうにでもなるものです。やりながら臨機応変に軌道修正していけばいいのです。

「ありたい姿」が明確であれば、トップも社員も実現へのパワーが生まれてきます。

下のリンク先で、健康経営/ウェルビーイング戦略についてのトピックを整理しました。

ステップ4: 「テスト版」を試す

効果については、やってみなければわからない・・。一般論としては正しいことでも、わが社にマッチしているかは実地で試してみない限り判断できません。
 
「本当に効果があるか?」の議論で時間を浪費するのではなく、「小さな実験で取り敢えず確かめてみる」のスタンスで素早く検証に乗り出すマインドとスタンスが大切です。

資料請求コーナー
『試行策検証プロジェクト』

中小企業での健康経営/ウェルビーイング戦略の「テスト施策の進め方と検証」のポイントをまとめた資料です。無料配布しますので、お気軽にご請求ください。
試行案の検討たたき台、振り返りや検証の確認・・等に、どうぞ

健康経営の試行策検証健康経営の試行策検証
ウェルビーイング戦略の試行策検証ウェルビーイング戦略の試行策検証


適度な運動・バランスの良い栄養・質の高い睡眠が、コンディションの好調さを実現するための「三大要素」です。これらの具体的な方法論も様々あり、仕事のパフォーマンス向上につながる有効性はある程度は確認されてきています。

ただし、避けることのできない条件があります。「ライフスタイルとして継続的に取り組むこと」が不可欠です。その場で付け焼き刃的にやっても、ダメなのです。

社内で検証したいのは、「わが社の従業員の行動変容を実現するための、有効な支援のあり方」です。コンディション好調化のための一つ一つの手法の有効性ではありません。
 
自社の従業員のコンディション状況/仕事や勤務のスタイル/会社側の支援体制/予算規模などの様々な条件が重なります。会社の風土(カルチャー)や各人の好みというのも影響してきます。

その中で、「コン ディションを高める新しい行動様式(ライフスタイル)を定着化させる会社のあり方」を検証したいので す。全従業員に制度をさだめて、一律一斉の強制で実現できるものではありません。

仕事のパフォーマンスを高めるための「ニューノーマル」を、全員で共に悩み、共に考え、共に実践する・・。

そのあり方を考えるための「小さな実験プログラム」をたちあげ、うまく行ったこと・やり方を変えるべきことの証拠(エビデンス)を集める。そういう検証活動をスモールスタートしたいのです。

下のリンク先で、健康経営/ウェルビーイング戦略についてのトピックを整理しました。

ステップ5: 「施策」を広げる

ノウハウが溜まってきたら、会社の人材投資として加速化したい・・。とはいえ、全従業員への単一プログラムで効果が出るものではありません。

好調なコンディションを実現するための「ニューノーマル」な行動パターンへと変容することが主眼ですが、一人ひとりの状況や趣味嗜好や価値観などは様々です。理想的には「個別プログラム」ですが、現実的には無理なことです。

理想と現実のバランスをとりながら、具体的な施策をデザインする手腕が求められます。

資料請求コーナー
『本格導入プロジェクト』

中小企業での健康経営/ウェルビーイング戦略を「本格導入」する際の体系的アプローチや留意点のまとめた資料です。無料配布しますので、お気軽にご請求ください。

健康経営の本格導入健康経営の本格導入
ウェルビーイング戦略の本格導入ウェルビーイング戦略の本格導入

 

行動変容のモデルとしては、検討前、検討中、準備中、始動済、定着済の5段階で考えます。

健康経営/ウェルビーイング戦略を始める当初は、多くの社員は「①検討前」です。すなわち、「自分にとって必要であるか否かについて、考えたこともない」という状態です。

経営トップとしては、一人一人に「新しい考え方」を知ってもらい、いろいろな「やり方」に触れてもらい、新しい「行動様式」に動き出してもらいたいわけです。

言い換えると、「社内へのプロモーション活動」を通じた、従業員からの共感集めが必要なのです。

職場にいる時だけでなく、ライフスタイル全体での行動変容がもとめられるので、命令や指示という形では実現することが不可能に近いです。

したがって、企画推進担当者には、一種の「マーケティング能力」が求められます。

社内の人々に認知してもらい、共感してもらい、体験してもらう・・社外の顧客に向けて製品やサービスを受け入れてもらうのと同じようなアプローチなのです。さらには、体験の良さを他の人々と「シェアしてもらう」というところまで発展させたいのです。

下のリンク先で、健康経営/ウェルビーイング戦略についてのトピックを整理しました。

ステップ6: 「改革」を続ける

自分たちのコンディション磨きへの改革チャレンジを、社風(カルチャー)として定着化したい・・。仕事のパフォーマンスが高くなることは、究極的には顧客や市場への提供価値の向上につながります。健康経営/ ウェルビーイング戦略の推進が、自社のブランド価値を高めるビジネス行動となるのです。

資料請求コーナー
『改革継続フェーズ』

中小企業での健康経営/ウェルビーイング戦略による改革を「継続」していく上での体制や仕組み作りの留意点をまとめた資料です。無料配布しますので、お気軽にご請求ください。

健康経営の改革継続健康経営の改革継続
ウェルビーイング戦略の改革継続ウェルビーイング戦略の改革継続

 
そして、顧客からの感謝をあつめ、仕事への活力がたかまることにより、会社と従業員のエンゲージメントも高まります。結果として、離職率が低下するようになります。採用においても、優秀な人材からの関心を引き寄せるきっかけとなります。あわせて、採用コストも最適化に向かいます。
<定着化推進のキーポイント>
 
大切なのは、会社全体のコンディション状況がどのように推移しているか?をモニタリングする仕組みです。指標を定め、それを定期的にチェックすることで、状況をタイムリーに把握して行きます。
 
各人の自己評価、各人の組織全体への評価、仕事の成果の出方、顧客や利害関係者からの評価、など。モニタリング指標の候補は無数にあり得ますが、割り切って35個に絞り込むのが実務的です。そして、運用していくうちに、より自社に適した指標へと組み替えていく柔軟性も持ちたいものです。
 
このモニタリング指標を好転させていく「打ち手」が、個々のプログラム(=施策)になります。これらのプログラムが有効に機能しているかどうかを監視します。また、有効なプログラムであっても、私たちには
「飽き」や「気の緩み」が生じやすいものです。そういう性質を前提に、いい意味で目先を変えつつ、気持ちがポジティブに継続するような「企画力」「イベント性」というものも運営担当者には求められます。
 
遊び心やエンタテーメント志向と、言い換えても良いかもしれません。健康経営/ウェルビーイング戦略 は、トップから命令をうけて、管理部門・総務部門が担当することが多いです。が、これらの部門では従来は求められていたスキルとは、少し趣が違います。その辺りの担当者の選定にも、頭を捻る必要がありま す。場合によっては、外部の専門部隊とのコラボも検討価値があります。

健康経営入門へ